ファーストデンタルクリニック

”皆様の笑顔と健康が、一番。”

TOP

歯のこと、お口のことに関して、お一人おひとりがそれぞれの悩みを持っています。
その悩み、症状に、わたしたちは確かな技術と真心を持って、しっかりと向き合っていきます。
皆様の笑顔と健康が、一番。わたしたちは、ファーストデンタルクリニックです。

院長メッセージ

普段の生活の中で、食べる、飲みこむ、話す、という動作、行為について意識されている方は、
どれくらいいらっしゃるでしょうか。
食べたり飲んだりすることには、歯ざわり、噛みごたえ、舌触り、喉ごしなど、食べ物を味わう
楽しみがあります。そして栄養補給、エネルギー確保、健康維持など身体機能を保つことは
もちろん、欲求を満たす、ストレス解消、人との付き合いなどの心のあり方にも大きく関わって
いて、食べたり飲んだりすることは、私達の生活の中で多くの意味を持っています。
しかし、認知症、脳出血などの後遺症や、先天的な障害などで、私達が普段から自然に行って
いることができなくなってしまうことがあり、その中には、食べたり飲んだりすることに障害を
及ぼす「摂食・嚥下障害」というものがあります。
典型的な例として、食事中にむせる、寝ているときに咳が出る、以前に比べ喉の通りが悪く
なった、食欲がなくなってくる、などが挙げられます。これらの症状は、やがて誤嚥性肺炎や、
窒息の危険、脱水・低栄養など身体面の病気、障害や、食べる楽しみを失ってしまうといった
精神面での問題を招いてしまいます。
それは、まわりに食べ物があるのに、食べることができずやせ衰えていく。食事という一番の
喜びが、最大の恐怖と苦痛になってしまうなどといった、人としての生活の本質を大きく変えて
しまうことに他なりません。
当院の「摂食・嚥下リハビリテーションセンター」では、これらの悩みを持つ方たちが少しでも
美味しく食べる楽しみを感じていただけるように、しっかりとした診査診断からお食事の内容や
仕方、そしてお口周囲の筋肉のマッサージ、トレーニングなどを提供していきます。
私達ファーストデンタルクリニックは、外来や訪問診療を通じて、みなさまの“いつまでも
おいしく食べること”を全力でサポートしています。そして、地域のみなさまが笑顔になれる
医院を目指しています。
「初心を忘れず、人々に初めての感動を与え、人々の幸せを第一に考えます」
私達は、この社訓のもとチーム全員で『摂食・嚥下リハビリテーション』医療に
取り組んでいます。

                      ファーストデンタルクリニック院長 藤田元哉