ファーストデンタルクリニック

”歯のこと、お口のこと”

B.訪問(在宅)歯科診療 摂食・嚥下リハビリ

          
          

食べ物をおいしく食べることができていますか?

〜高齢の方、障害をお持ちの方のライフクオリティを高めるために〜
心のこもった訪問(在宅)歯科診療を提供します。
当クリニックは、高齢で入院されている方や寝たきりの方、障害を持つ方などのために、訪問(在宅)歯科診療を行なっています。その方々が、実は感受性が強く医療の質にとても敏感であるということを、ご家族や周りの方はあまりご存知ないのではないでしょうか。わたしたちはこの診療においてもっとも大切な本質である、真心、掌(たなごころ)をもって、確かな技術力で、ご本人の健康のために様々なサポートを行なっていきます。

摂食・嚥下障害の専門的サポートを行います。
摂食、食事をする時に、噛める歯が無かったり、入れ歯がうまく使えなかったりしていませんか。食べ物を噛み砕く咀嚼(そしゃく)は、残っている歯の数、噛み合わせ、入れ歯の具合、顎関節の異常などによってうまくできないことがあります。よく咀嚼をしなくなると唾液の分泌が減少したり、噛むための筋肉や感覚が衰えて、食事中にむせたり、食べ物の喉の通りが悪くなったりします。そして、咀嚼した後の食べ物の塊を飲み込むことを嚥下(えんげ)といいますが、その嚥下が、障害、高齢化、病気の後などで飲み込む力や感覚が低下することによって、食べ物をうまく飲み込むことが出来なくなっている場合があります。これらの症状を摂食・嚥下障害といいます。ご自身、あるいはご家族が摂食・嚥下障害に悩んでいる方々は、生きる喜びでもある食事について、今より少しでも良く、楽しみたい、楽しんでもらいたいと願っていることと思います。

地域医療連携室・摂食嚥下口腔リハビリセンター
当クリニックでは、この障害に本格的に取り組むための地域医療連携室・摂食嚥下口腔リハビリセンターを設置しています。同センターでは東京の歯科大所属の摂食・嚥下専門チーム、および国内有数の訪問歯科患者数の帯広つがやす歯科医院と連携、質の高い訪問診療サービスを行なっています。ご自身やご家族の方で悩みを持つお客様、まずは同センターにご相談ください。
訪問(在宅)歯科診療、摂食・嚥下リハビリに関するお問い合わせ
地域医療連携室・摂食嚥下口腔リハビリセンター  電話:070-5538-2258
また同センターでは、定期的に医療従事者・施設従事者向けのセミナー・講演会も行っていますので、詳しくは同じくこちらにお問い合わせください。

同センターの取り組み
摂食・嚥下障害は、身体や心に様々なことを引き起こします。
病気・・・・・誤嚥性肺炎などをはじめ、色々な病気を引き起こすこともあります。
機能低下・・・一人の食事が困難になり、介護の負担が増します。
健康・・・・・栄養が取れず体力の低下、脱水症状を起こします。
心・・・・・・食べる楽しみが損なわれ、他の意欲もなくなっていきます。
このような悪い影響が心身に及ばないように、摂食・嚥下障害をリハビリし健康を保つため、当クリニックおよび地域医療連携室・摂食嚥下口腔リハビリセンターが、安心のサポートを行なっていきます。

       

機能評価
まずはお客様のお口の状態を診察し機能評価を行ないます。この機能評価から、口腔ケアやリハビリの方向性を確かに見定めていきます。
口腔ケア
治療はもちろん大切ですが、最も重要視されるべきことは、虫歯と歯周病の予防、つまり口腔ケアです。当クリニックには日本歯周病学会認定歯科衛生士が在籍し、最新のスカンジナビア(北欧)式歯周病予防を実践しています。(日本歯周病学会認定歯科衛生士は沖縄に2名のみ)
お口の中の菌を排除することで、誤嚥性肺炎も予防します。同時に高齢者の方にはマッサージでお口への刺激を与え、食欲がわくようにリハビリを行なっていきます。

訪問歯科診療:価格について(医療保険1割負担)
口腔ケア 360円/1回
※口腔ケアは月に4回まで入ることが出来ます。
保険診療の規定により、口腔ケアを開始・継続するためには
月に1回、歯科医師の状態診査が必要です。(1回1,000円前後)
患者様のお口の中の状態によって金額が異なります。
例)月額:月1回の状態診査+月4回の口腔ケア=約3,000円